〒870-0037 大分県大分市東春日町7-13
TEL 097-534-8033 FAX 097-535-1692
マスコット
ワールドカップ−大分での試合会場となったスポーツ公園。
その一帯にはオオイタサンショウウオが生息しています(12〜13cmくらいの大きさです)。
オオイタサンショウウオは環境庁のレッドデータブックに掲載されている絶滅危惧種 2類の貴重な生物なので、
スポーツ公園建設の際には16ヵ所の池をつくって引っ越してもらいました。
これでオオイタサンショウウオも安心して産卵でき、繁殖活動が可能となったのです。 “オオイタ”と名前のつく生物で、
私たちの生まれるずっと前からこの地に生息するオオイタサンショウウオをAPOのシンボルとしてマスコットにしました。
名前は“PAL”。よろしくね!
日韓共催のワールドカップ。
イメージカラーは日本代表の青と 韓国代表の赤。
サッカーボールを抱くオオイタサンショウウオは大会の成功と日本・韓国の
新しい歴史を象徴しています。