〒870-0037 大分県大分市東春日町7-13
TEL 097-534-8033 FAX 097-535-1692
ちょっと一息
2019ラグビーワールドカップ大分開催を成功させよう
ツル伐り(かずら)ボランティア活動参加181名の県民
市民・企業・団体の皆さま暖かい労働力のご提供!!
本当にありがとうございました。

おかげで大銀ドームとスポーツ公園周辺の人工林がすっきりとキレイになりました。
ドーム入口エリアは人工林ですが訪れる人の目につく所、ラグビーファンを気持ちよくWelcomeしたいですからね。

植樹されて凡そ20年、成長したかっただろう樹木の細いこと、しかもしっかりかずらが
巻き付いているのです。毎年、山の整備がされているけれども広大過ぎて行き届かないところもあるようです。おまけになぜかビニールや空き缶、ペットボトル等ゴミが落ちているのです。もちろんゴミ拾いもしましたよ。

協働いただいた皆さまに心から感謝を申し上げます。
誠にありがとうございました  !(^^)! _!(^^)!
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

公益法人森林ネットおおいた、OBS大分放送文化財団 JXエネルギー(株)大分製油所
新日鉄住金(株)大分製鐵所、昭和電工(株)大分コンビナート大分事務所、
TOTOアクアテクノ(株)大分工場、住友化学株大分工場、大分キャノン(株)、
三井造船株大分事業所、(株)ジャパンセミコンダクター大分事業所、王子マテリア(株)大分工場
九州電力(株)新大分発電所、南日本造船(株)大在工場、大分エル・エヌ・ジー(株)
ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(株)大分テクノロジーセンター

後援ありがとうございました。   

大分合同新聞社 OBS大分放送、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送OCT大分ケーブルテレコム

2019年3月25日 NPO法人アシストパルオオイタ 
ツル伐り(かずら)事業部(武石、広瀬、小田原、吉野他スタッフ一同)

2017年 駅南キッズステーションにゃ〜ごより 
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

写真

旧年は駅南キッズステーションにゃ〜ご にご愛顧いただき誠にありがとうございました。

本年も大分県民・市民の皆様のご利用の程どうぞよろしくお願い申し上げます。

駅南キッズステーションにゃ〜ご昨年7月で3年目を迎えました。これまでにご利用いただいた子育て家庭の子供たちは10月末で9505人(お出かけ託児含む)となりました。

託児は一時預かりと月極、お出かけ託児を実施中ですが月極の予約が毎月8件〜9件、職場復帰するための予約待ちです。「母子・父子保護者」「産後療養」「転勤者」等保護者の現状は様々です。

現実は4か月〜3才迄の受入要望が多くて切実であります。

多様な働き方、女性の再就職、保育士支援の育成講座など多数の施策が目白押しですがまずは直近のニーズに呼応する!これを解決するなど臨機応変な手法が優先されることって本当に必要です。非営利活動法人では運営経費に限界もあり相当に苦慮しています。

苦難の先の希望を信じて、今年も山積する課題の改善、また保護者の期待に添うよう真摯に保育に取り組んでいきます。

今年も皆さまのご指導ご支援の程どうぞよろしくお願い申し上げます。 
      
2017年1月1日 NPO法人アシスト・パル・オオイタ
駅南キッズステーションにゃ〜ご 園長 添田他職員一同
(事務局吉野・瀧澤・江藤)

 

2017年 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
里山保全活動と子育て家庭を託児事で応援するNPO法人アシスト・パル・オオイタ

今年も皆様の暖かいご指導の程どうぞよろしくお願い申し上げます。

大分川ダム展望台周辺のゴミ拾いと植栽整地作業は地元9ボランティア団体、他6各団体で活動して13年目になりました。大分川ダム完成予定2019年です、今後の活動に繋げるためにも地元の皆さんが主役です、ダム完成を機に森と緑と水が豊かな里山観光ルートの創出を参加者で語り合っています。



野津原から豊後大野市、竹田市久住町、荻町、産山、阿蘇へのルートには7年前から自動2輪愛好者たちが未開発の新緑と紅葉のルートとして試されています。

福岡や熊本からレンタカーで訪れるインバウンドもいるようで今後はホント楽しみです。

人口減少、労働力不足、自治体危機などと言い訳するなんてもったいない、このルートは掘り出して磨く産業資源、職人の技術、風土に合った食加工品が豊富です。
まずは大分川ダムを起点として観光になり得る要素を確立して実現に向けて!皆さんと心身ともに豊かになりたいですね。

当法人も今後5年、10年を目標に協働という立場で参画していきたいと思っています。

これからも大分県、大分市、大分川ダム工事事務所、(一社)九州地方計画、ダムボラ参加の企業、団体、行政のOB、有志の皆さまの誠意あるご指導ご支援の程どうぞよろしくお願い申し上げます。 
   
2017年1月1日 松田理事長他役員一同、
大分川フラワー大作戦実行委員会(広瀬、武石他)

2016年8月31日

月日の経つのは早いものです、2002年日韓共催ワールドカップがこの大分県で開催さ れて14年が過ぎました。
その間、私たちの愛するトリニータがJ1〜J2、そしてJ3に位置しております。情けないとか、悲しいとかではないのです。焦燥感というか、力が抜けたとか、でもなくただ、多忙してただけ、シーズンチケットだけ買ってファンしていました。

生粋のファンとしては、気分一新、全力で応援しなければ元祖サポーターの名が廃るのです。 J3でもまぎれもなく、Jリーガーであり、子どもたち、地元サポーターの夢 をしっかり抱きつつ、がんばってもらいたいのです。

2019年にはワールドカップラグビーが開催されます。
去る8月6日ガレリア 竹町で4時間、延べ800人描きましたよ。大繁盛!時間切れ、できなかった人ソーリーね。
またフェイスペインティングがんばるつもりですよ。
もちろん無料、 まずはトリニータ応援、パークプレイス大分に来てください。